健康を害する食中毒

健康を害する食中毒について

食中毒はどの時期からか

健康を害することが多い食中毒は夏の暑い時期だけ気を付けていればよいわけではありません。梅雨じきや冬にも発生することが多く、冬の場合はノロウイルスによって、梅雨時期の場合は細菌によって引き起こされます。特に気を付ける必要があるのが、細菌によるものです。細菌によるものは毒性が強く、下痢や嘔吐、発熱、腹痛を引き起こし、健康を害することも多いです。主にキッチンから発生することが多いため、梅雨にさしかかったら、まな板の除菌をする、ふきんなどは熱湯消毒を行う、食材の管理をしっかりと行うといったことを丁寧にするようにします。

食中毒にならないために

6月の梅雨時期になると、健康を害する病として食中毒が注目されるようになります。食品の管理が原因であり、家庭や飲食店で起こることが多いです。この時期は、湿度が高く、気温が上昇してくるので、細菌は増殖をしやすい環境にあります。そのためしっかりと手洗をしていても、まな板やシンク、ふきん、食器洗い用のスポンジに細菌が付着している可能性があります。健康的に過ごすためにも、調理の前や生の魚や肉、卵を扱う場合はその前後にもう一度手を洗ったり、ふきんや包丁、まな板といった調理器具に熱湯をかけて殺菌をしたりします。

新着情報

↑PAGE TOP