健康に良くない食中毒

健康に良くない食中毒を排除

健康に良くない食中毒のこと

健康に良くない食中毒は、主に夏と冬に起こりますが、夏に起こるものは細菌性のものが多く、食品の管理が大きく関わっています。十分に殺菌されていない井戸水を飲んだ、生肉などしっかり火を通さず食べてしまった、作り置きのカレーやシチューを何日もたべている、弁当やおにぎりなど常温で管理されていたものを食べた、などが原因となっています。健康に良くない食中毒を防ぐには湿度に注目し、冷蔵庫を正しく使う、まな板などキッチン用品を熱湯消毒する、お店から買ってきたものはすぐに冷蔵庫に入れ、冷凍されているものも早めに使用する、ということが大切になります。菌は水分によって増殖していくので温度だけでなく湿度にも気を配るようにします。

細菌性の食中毒の注意点

食中毒は、潜伏期間が短く食べてすぐに起こることが多い病です。細菌性とウイルス性に分かれますが、健康を著しく害するのは細菌性で、さらに感染型と毒素型に分かれています。細菌性感染型の場合、食品の管理、手洗の不足、加熱を十分にしない、という事が原因となっています。卵などについているサルモネラ菌などは熱に弱い性質があるため、しっかりと火を通すことで、細菌が体内に入るのを防ぐことができます。おおよそ75度以上になると死滅するので、意識してみると良いでしょう。健康を保つためにも、調理した後はすぐに食べる、生野菜も切ったらすぐに食べるようにします。

↑PAGE TOP