健康を損なう食中毒

健康を損なう食中毒のこと

健康を損なう食中毒を起こさない

健康を損なう食中毒は主に冬に発生するウイルス性と、夏に発生する細菌性とがあります。この他にも化学性、寄生虫、自然毒などが原因になることもあります。細菌性の場合、感染型と毒素型にさらに別れ、それぞれ感染してしまうと下痢や嘔吐、発熱などを引き起こします。食中毒の菌が発育するには、水分、栄養分、温度が関係しており、条件が整ってしまうとどんどん増えていってしまいます。特に温度は大切で、10度になると菌が増え始め、35度で一番増殖します。健康に過ごすためにも、冷蔵庫を過信せずしっかりと加熱し、早めに食材を使い切ることが大切です。

食中毒を起こさないために

食中毒はひどい場合、下痢や吐き気、嘔吐などを引き起こし、健康を損なうことがあります。梅雨時期に多く発生しますが、冬にもウイルスによって起こることがあり、1年を通じて注意が必要な病です。家庭で起こることが多いため、買い物に行き、食品を購入する際には、消費期限を確認する、肉や魚のようにドリップがでるものはビニール袋に入れ、他の食品につかないようにする、買ったらすぐに帰り、冷蔵庫にしっかりと入れる、ということを意識します。健康に過ごすためには、食品の管理が大切になってきます。空気の通りが悪くなるため冷凍庫も詰め過ぎないように注意します。

↑PAGE TOP