食中毒にならない為に

食中毒にならない為にやるべき事

徹底した対策で健康を守る

食中毒は誰にでも起こり得る病気の一つですので、「自分は健康だから大丈夫」などと言って甘く見ていると大変危険です。こうした病気を引き起こさないためには、徹底した対策をすることが何よりも重要となってきます。食事をする前は必ず手を洗い、食べ物が細菌に汚染されてしまわないように十分気を付けましょう。また、期限切れの食品は食べてはいけません。もし食べてしまうと腹痛が起きる危険性がありますし、人によってはさらに苦しむ可能性もあります。このような食中毒の危険性から身を守り、健康的な毎日を過ごせるように気を付けていきましょう。

食中毒をどのように予防するか

食中毒は、毎年健康被害が出ている病です。食材そのものが原因の場合と、ノロウイルスのようなウイルスが関係している場合、黄色ブドウ球菌に感染している人が調理したものを食べた場合、フグや毒キノコなど自然由来の物、農薬など化学性のものなどがあります。この中で、健康被害が確認されやすいのが、ウイルス性と細菌性です。細菌性の場合、調理したお弁当やおにぎりからも感染することがあります。手の傷口にある黄色ブドウ球菌が食品にうつり、増殖をすることで起こりますが、このような場合は調理する側が手指の洗浄をしっかりと行う必要があります。だいたいの食中毒の菌は75度以上の加熱で死滅するので、十分に加熱処理を行うようにします。

↑PAGE TOP